窓周りをリフォームするだけで光熱費削減!快適に過ごしちゃおう

光熱費削減のための窓周りのリフォーム

窓周りをリフォームすることでのメリット

最初はスムーズに開け閉めすることができていた窓や窓の鍵。けれど時間が経つにつれて、だんだん開けづらくなってしまったということはありませんか?
リフォームを考えるときも、最初に思い浮かぶのは水回りや家の外壁、キッチンといった場所が中心だと思いませんか?
私も賃貸マンションでリノベーションされた部屋を借りたことがあるのですが、水回りや部屋のつくりなどリフォームされていましたが、唯一リフォームされていなかった部分が窓でした。
築48年の物件なのですが、リフォームされているため内装はとても綺麗!けれども窓に近づくと夏は暑くて冬はとても寒かったんです。隙間があるというわけではなかったんですが、窓枠やフレームが室内にもかかわらず外気温にかなり左右されていました。
この実体験から、リフォームの際には窓周りも忘れてはいけないんだな、と。
でも窓周りのリフォームには、どのようなものがあるのかみなさんご存知ですか?
大きく分けて窓周りのリフォームには、「今ある窓にもう一枚窓ガラスを取り付ける」、「窓ガラスそのものを目的に合わせて変える」というものがあります。
前者はいわゆる二重窓にするというもの、後者の目的に合わせて、というのは防犯や断熱という目的の違いによります。
窓そのものを大きくしたり小さくするのは設計が複雑となるため、できないわけではないようですが、大掛かりな工事になることや窓の場所によっては工事不可となることを知っておきましょう。

TOPへ戻る