窓周りをリフォームするだけで光熱費削減!快適に過ごしちゃおう

光熱費削減のための窓周りのリフォーム

暑さ寒さを最小限にすることができるんです

断熱性が高まる

窓の断熱性を高めると、室内の温度を一定に保つことができます。一般的に水とお湯の関係では、お湯の下に水が溜まっていたりしますよね。空気も同じで、暖かい空気は冷たい空気の方に流れていく特性があります。
断熱ガラスと遮熱ガラスが断熱用の窓ガラスにはあるのですが、どちらも断熱性能は持っています。遮熱ガラスの方が断熱ガラスと比較して太陽からの熱を通過させにくくなっています。
日が当たりにくい部屋の窓ガラスであれば、遮熱ガラスではなく断熱ガラスを使用するというように、窓の向きや用途に合わせて使い分けることも必要です。
あとは遮光カーテンなどを使ってよりその効果をあげるという方法もありますので、うまく組み合わせながらリフォームを進めていきましょう。

直射日光を防ぐことができる

猛暑でじりじりと焼き付けるような暑さが続くと、その日差しを何とかしたいと思うようになります。よく昔からヨシズやすだれを使って直射日光を防いできました。
ただ日よけとして立てているヨシズやすだれは、確かに直射日光を遮るためには良いのですが、その分室内が暗くなってしまったり、ヨシズの向こうが見えにくく防犯上の問題が出てきてしまいます。
窓に雨戸やサッシを取りつけたりするのも効果的です。窓の断熱とその内側や外側で遮光カーテンやサッシを取りつけておけば、直射日光を防ぐことができます。夏場は朝早い時間から日差しが強く、起床時にはすでに窓が熱くなっていることも珍しくありません。窓周りを工夫して少しでも快適に過ごすことができるようにしてみませんか?


この記事をシェアする
TOPへ戻る